..defining the future of predictive astrology.    ホームソフトの特徴ソフト使い方説明サンプルグラフよくある質問占星学上級者用
  購入無料お試し版ダウンロードカスタマーサポートAbout Usリンク
     

恋愛・愛情グラフ
 

 
   
恋愛・愛情運を行方をグラフ式に刻々と追っていくことができます。 恋愛・愛情グラフには2種類あります。一つは「愛情・ポジティヴ」、もう一つは「愛情・ネガティヴ(問題)」です。

下のオムニグラフは期間は一ヶ月ですが、最短2時間から、年単位でグラフを出すこともできます。

 
 


 下の「愛情・ポジティブ」のグラフの曲線の青色は「長期に渡るよい影響」、水色の方は「一時的なよい影響」を表しています。
なかなか良さそうな月です。

 
 

 

この男性の1999年5月は恋愛・愛情面でかなり期待できる と判断できます。「長期に渡るよい影響」がとても高いため、この期間中は毎日、この分野に関して言えばいいこと(あるいはいい気分)であるに違いありません。彼は、この月は恋愛に関しては 特別なロマンスがあった月だったと証言しています。  では、次に同じ月の「愛情・ネガティブ(問題)のグラフを出してみます。下のグラフがそうです。濃い赤の方は「長期に渡る悪い影響」を示していますが、これは、月を通してとても低いです。でも、14日に最高に達する赤い線があります。こっちの線は「一時的な悪い影響」を示しています。グラフの本人によると、丁度14日に好きな人と海外へ行ったのですが、旅行のストレスで次の日になるまで、二人とも疲れで不機嫌だったと言います。
 

 
 


 

 
 


2004年、7月から8月にかけては、特に何もなさそうです・・・・。

 

 

同じ男性の7月〜8月は特別なことは期待できません。
7月29日と8月10日は一時的ないいこと(水色の線は一時的な影響を表す)があるかもしれませんが、
もう一つの青線が平均より下にあるため、愛情に関して言えば、平凡な月であると予測することができます。

サンプルグラフ : 恋愛・愛情  |  金運  |  旅行   |  社交・交流   |  喪失・紛失   |  精力・体力  |  コミュニケーション

 

  OMNICYCLESホームへ戻る

 

 

読む→ 占星学予測を理解するために  デイビッド・ボルトン